モバっちょ


工学が未来を切り拓く
 東京大学工学部は、困難な課題に挑戦し、未来を切り拓いていく気概に満ちた皆さんの参加を歓迎します。世界最高水準の環境のもとで、皆さんの可能性を大きく開花させていただきたいと思います。

 新しい科学技術の創出や夢の実現のためには、既存の知識の習得や原理の理解に加え、「工学」を習得することが不可欠です。日本の初等・中等教育課程では「工学」を学ぶ機会は用意されていません。そのため多くの皆さんが、大学に入学して初めて「工学」に触れる機会をもつことになると思います。東京大学工学部では、社会を大きく変革させることができる、深遠でダイナミックな「工学」の本質を学ぶことが可能です。何故ならば、工学部では世界最先端の研究が行われているからです。

  「工学」は創造の学問です。「工学」を修めることにより、無から有を創造することが可能となります。この実現のためには、現実の社会の課題にも目を向け、何が本質であるのかを見きわめる力、何に挑戦しなければならないかを見つけ出す力を涵養することが必要です。工学の現場において、答えは一つではありません。取り組む人の考え方やアプローチ、その個性によって異なるいくつもの解が存在します。「工学」は創造の学問であるため、未来を切り拓くイノベーションの源泉となります。皆さんの創造性を涵養するために、工学の専門性を深化させる講義だけではなく、自ら取り組む演習、課題解決型プロジェクト演習、インターンシップ、卒業研究などが用意されています。

 皆さんは世界を舞台に活躍することが期待されています。工学部や関連する大学院には、留学生や海外からの研究員が多数在籍し、国際的な環境が用意されています。国際的に活躍するための講義や演習に加え、数多くの派遣・受入プログラムが用意されています。

 皆さんには専門力だけではなく、幅広い教養や倫理観を培い、自ら学ぼうとする意志と旺盛な好奇心、目標に向けて取り組む強い意志、ニーズを鋭く感じ取る知性・感性、課題を発見し解決する力、相互に意志の疎通を図るための高いコミュニケーション能力、他文化を相互理解できる包容力を獲得していっていただきたいと思います。

 皆さんが「工学」を修め、未来を切り拓く先頭に立ち、グローバルに活躍されることを期待しています。