モバっちょ


初年次ゼミナール
 初年次ゼミナール文科・理科は『「教え授ける」(ティーチング)から「自ら学ばせる」(ラーニング)への転換』を目指した取り組みの一環として設計されました。

 学生は初歩的な研究課題に取り組むことで、基礎的な学術スキルを身につけます。また、高校までの知識を習得する学びの姿勢から、自ら知を生み出す大学での能動的な学習への転換を行います。学習成果はプレゼンテーションや小論文として発表し、ディスカッションも重視されます。

 学生の積極的な参加を促すため、1クラス20名程度の少人数制で、ほとんどの授業に大学院生のTA(ティーチング・アシスタント)が付き、丁寧な指導を行います。授業外にも能動的学習をサポートする体制を整えています。学術文献の検索や研究倫理など、分野にかかわらず共通性の高い内容については共通教材や共通授業で取り上げます。

 初年次ゼミナールは大学に入学して最初のセメスターに開講される、すべての学生が受講しなければいけない必修授業です。先端の研究を行っているさまざまな分野の教員が、専門性を活かした課題を用意し、初学者でも楽しみながら取り組めるように工夫を凝らしています。文科生は初年次ゼミナール文科の授業群から、理科生は初年次ゼミナール理科の授業群から、シラバスとガイダンスを参考にして履修したい授業を選んで登録します。希望者が集中した場合は抽選になります。

http://komex-fye.c.u-tokyo.ac.jp/ (外部サイトに移動します)
■初年次ゼミナール文科
 人文・社会科学のさまざまな分野の教員が、それぞれの専門分野に引きつけて授業を展開します。たとえば、対象となる学問分野の方法論を学び、それにそって課題設定・分析を行う「ディシプリン型」、基本文献を読み解きながらクリティカル・リーディングを身に着ける「文献批評型」、社会調査の方法を学んだ上で実際にインタビューやフィールド調査を行う「フィールド型」など、学問分野や授業テーマに応じて多彩なアカデミック体験が用意されています。最終的な授業成果として、学術論文に準じる「小論文」をすべての学生が執筆します。長文の読解や作成を通じて考える力を試す東京大学の文科系入試の独自性を活かし、それを大学での学びへと発展させてゆきます。

■初年次ゼミナール理科
 平成27年度より始まった全く新たな授業であり、全学の理系教員が協力して授業を担当します。グループによる協同学習が必須要素のひとつとされていることも特徴です。それぞれの授業の課題設定に応じて「問題発見・解決型」「論文読解型」「実験データ解析型」「現場体験型」という異なるアクティビティが用意されており、シラバスに明示されています。通常授業内での取り組みの中で、また授業によっては研究施設訪問などを通じて、科学研究の現場をかいま見るアカデミック体験の機会を用意しています。学問分野は多岐にわたり、基礎研究色の強いものから実学的なものまでさまざまです。

https://fye.c.u-tokyo.ac.jp/ (外部サイトに移動します)