モバっちょ


講演会「ロック・ミュージックと現代思想」
区分:
講演会等

対象者:
社会人・一般/在学生/受験生/留学生/卒業生/企業/高校生/大学生/教職員

開催日:
2018年12月8日 15時―17時

開催場所:
柏地区

会場:
東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト1階多目的ホール

定員:
100名

参加費:
無料

申込方法:
要事前申込
https://www.l.u-tokyo.ac.jp/jisedai-future20181208/form.html (外部サイトへ移動します)

 1960年代後半から70年代にかけて飛躍的な進化を遂げ、特に若い世代の意識変革に大きな役割を果たしたロック・ミュージック。フランスを主たる震源地として、知の最前線としての影響力を依然世界的に保っている現代思想。一方は肉体と音から出発し、一方は言語から出発するこの二つの営みは、どんな地点において交叉するでしょうか。西欧近世哲学・現代フランス哲学の研究に携わりつつ、長年ひそかに(?)先鋭的なロックを愛聴してきた鈴木泉氏(大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室)に、この問いを縦横無尽に展開してもらいます(音楽・哲学に関する予備知識は不要です)。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/events/z0113_00013.html (外部サイトへ移動します)