工学部

前期課程の科類との基本的対応関係:理科一類・理科二類

http://www.t.u-tokyo.ac.jp/

工学が未来を切り拓く

 東京大学工学部は、困難な課題に挑戦し、未来を切り拓いていく気概に満ちた皆さんの参加を歓迎します。世界最高水準の環境のもとで、皆さんの可能性を大きく開花させていただきたいと思います。
 新しい科学技術の創出や夢の実現のためには、既存の知識の習得や原理の理解に加え、「工学」を習得することが不可欠です。日本の初等・中等教育課程では「工学」を学ぶ機会は用意されていません。そのため多くの皆さんが、大学に入学して初めて「工学」に触れる機会をもつことになると思います。東京大学工学部では、社会を大きく変革させることができる、深遠でダイナミックな「工学」の本質を学ぶことが可能です。何故ならば、工学部では世界最先端の研究が行われているからです。
  「工学」は創造の学問です。「工学」を修めることにより、無から有を創造することが可能となります。この実現のためには、現実の社会の課題にも目を向け、何が本質であるのかを見きわめる力、何に挑戦しなければならないかを見つけ出す力を涵養することが必要です。工学の現場において、答えは一つではありません。取り組む人の考え方やアプローチ、その個性によって異なるいくつもの解が存在します。「工学」は創造の学問であるため、未来を切り拓くイノベーションの源泉となります。皆さんの創造性を涵養するために、工学の専門性を深化させる講義だけではなく、自ら取り組む演習、課題解決型プロジェクト演習、インターンシップ、卒業研究などが用意されています。
 皆さんは世界を舞台に活躍することが期待されています。工学部や関連する大学院には、留学生や海外からの研究員が多数在籍し、国際的な環境が用意されています。国際的に活躍するための講義や演習に加え、数多くの派遣・受入プログラムが用意されています。
 皆さんには専門力だけではなく、幅広い教養や倫理観を培い、自ら学ぼうとする意志と旺盛な好奇心、目標に向けて取り組む強い意志、ニーズを鋭く感じ取る知性・感性、課題を発見し解決する力、相互に意志の疎通を図るための高いコミュニケーション能力、他文化を相互理解できる包容力を獲得していっていただきたいと思います。
 皆さんが「工学」を修め、未来を切り拓く先頭に立ち、グローバルに活躍されることを期待しています。
 

分子をパーツに用いる究極のものづくり

藤田誠卓越教授 ― ひとりでに組み上がる分子

 目に見えない分子の世界で、分子でできたパーツを自在に組み立てて極限的に小さいコンピュータや我々の体内でも働いてくれるマイクロマシンをつくり上げることは、人類が掲げてきた夢の技術のひとつです。分子の世界には、部品をつまみ上げ組み立て作業を行うツールが存在しないため、このような技術は不可能と考えられてきました。
 私たちの研究室では、ばらばらの分子のパーツに金属イオンを混ぜると、分子と金属イオンを引きつける弱い力の作用で、狙いとする働きをもった分子の集合体がひとりでにくみあがる現象を発見しました。以来、配位結合を駆動力として、さまざまな働く分子集合体を自発的に組み上げる研究に取り組んでいます。ミクロの世界で活躍する機能的な分子集合体をひとりでに組み上げる、究極的な省エネ・省資源のものづくり技術につながります。


数値シミュレーションの基盤を支える

田中健一郎准教授 ― 数学的理論を基にした高性能な数値計算法の開発

 工学では、技術開発の際、物理法則や現象の数理モデルがしばしば基礎となります。これらを記述する数学的な方程式は一般に複雑で厳密解が書き下せませんが、実用上は解を近似的にでも計算しなくてはなりません。このため様々な分野で数値計算によるシミュレーションが重要となっています。特に近年は、扱うデータ量の増加とコンピューターの能力の増大に伴い、大規模な計算を高速かつ高精度に行う必要性が増しています。
 我々は、このような数値計算のための手法を、数学的理論に基づいて開発・解析しています。このような分野を数値解析といいます。数値解析は、美しい数学的理論があると同時に多くの現実的場面で役に立つため、基礎研究から応用まで様々な切り口の研究が展開できる面白い分野だと思います。


インフラ施設の長寿命化と省資源・低炭素型社会の実現に向けて

石田哲也教授 ― 分子レベルのミクロな現象と巨大構造物をつなげる数値解析技術

 毎日の暮らしを支えるインフラ施設(橋、トンネル、ダムなど)は、数十年から数百年もの長い時間スケールで使われます。私たちの研究室では、インフラ施設の中でも特にコンクリート材料と構造に焦点を当て、巨大地震や経年劣化を受ける構造物の振る舞いを、コンピューター上で高精度に再現するシミュレーション技術の開発を行っています。分子レベルの極小世界の現象から、地図に載るような大きな構造物の挙動まで、空間スケールが大きく異なる現象をカバーするために、数学や物理化学の理論を駆使した数理モデルの開発に取り組んでいます。
 さらに最近では、産業廃棄物や副産物を有効に活用して二酸化炭素の排出量を減らしたり、逆に二酸化炭素を吸いながら強くなる新しいコンクリート材料の開発なども手掛けています。限りある地球の資源を賢く使いながら、災害に強く、しなやかで、美しく長持ちするインフラ施設を創り出し、持続可能な社会を実現したいと考えています。


留学生との協働による日本人学生の国際化

学生の英語力向上と多文化交流をサポート

 工学部・工学系研究科では学生の国際化のための様々な活動を展開しています。アカデミック・ライティング、アカデミック・プレゼンテーションの授業では研究成果を発表するのに必要な英語力を鍛えます。英語論文やキャリアドキュメントへのフィードバックを行うライティングセンター(ERIC)も運営しています。課外授業としては、英語学校の提供する英会話・TOEFLの授業を放課後にキャンパスで受けられるSpecial English Lessonを運営しています。多文化交流のプログラムとして、お弁当を持ってラウンジに行くだけで留学生と交流ができるInternational Loungeを行っています。いずれのプログラムでも留学生がアシスタントとして本領を発揮し、本学学生に多文化を体験させてくれます。

社会基盤学科

・国土学
・交通学
・景観学
・水理学
・自然災害と都市防災
・開発とインフラ

建築学科

・建築設計製図
・建築計画
・都市建築史
・環境工学
・建築構造解析
・建築材料学

都市工学科

・国際都市地域計画論
・都市交通システム計画
・都市デザイン概論
・環境反応論
・水環境学

機械工学科

・流れ学
・材料力学
・熱工学
・機械力学
・機械分子工学
・生体機械工学
・機械設計
・システム制御
・生産の技術
・生産システム
・設計工学
・創造設計演習

機械情報工学科

・機構学
・ソフトウェア
・メカトロニクス
・ロボティクス
・ヒューマン・インタフェース
・知能機械情報学

航空宇宙工学科

・空気力学
・航空機力学
・航空機構造力学
・航空宇宙推進学
・宇宙推進工学
・航空宇宙システム学計画および製図
・航空宇宙推進学計画および製図

精密工学科

・精密計測工学
・ロボット工学
・メカトロニクス
・生産加工学
・設計情報システム

電子情報工学科

・コンピュータシステム
・情報ネットワーク
・情報セキュリティ
・メディア・コンテンツ
・人工知能

電気電子工学科

・エネルギー・環境
・制御・システム
・ナノ物理・光量子
・VLSI・MEMS
・バイオエレクトロニクス

物理工学科

・量子力学
・統計力学
・電磁気学
・固体物理
・生物物理学入門

計数工学科

・数理工学
・最適化手法
・回路とシステム
・認識行動システム
・生体情報論

マテリアル工学科

・マテリアル熱力学
・マテリアル組織学
・マテリアル工学実験
・マテリアル設計学

応用化学科

・物理化学
・無機化学
・有機化学
・分析化学
・エネルギー化学

化学システム工学科

・化学工学
・反応工学
・環境システム工学
・分離工学
・触媒工学

化学生命工学科

・有機化学
・高分子化学
・生命化学
・分子生物学
・バイオテクノロジー

システム創成学科

・システム創成学基礎
・環境リスク論
・災害シミュレーション工学
・社会システム工学基礎
 
●社会基盤学科
●建築学科
●都市工学科
●機械工学科
●機械情報工学科
●航空宇宙工学科
●精密工学科
●電子情報工学科
●電気電子工学科
●物理工学科
●計数工学科
●マテリアル工学科
●応用化学科
●化学システム工学科
●化学生命工学科
●システム創成学科