モバっちょ


日本学生経済ゼミナール関西ブロック大会にて、滋賀大学経済学部の複数のゼミが入賞しました
 11月25日(日)、京都学園大学で開催された日本学生経済ゼミナール関西ブロック大会にて、滋賀大学経済学部の複数のゼミが入賞しました。この日のために全力で準備してきた関西の5大学、120チームが集い、各専門分野に分かれ研究報告の水準を競いました。日頃のゼミでの研究活動、分析力、プレゼン力が評価され、学生たちは自信を深めたことでしょう。今後、さらなる活躍が期待されます。

◆交通・観光部門「優秀賞」
澤木ゼミ Aチーム
「地域活性化 〜彦根の歴史的文化遺産の活用を通じて〜」

◆国際経済学部門「最優秀賞」
吉田ゼミ Bチーム
「EPAによる経済効果の分析 〜EPAは日本に良い影響を与えたのか〜」

◆環境・農業・都市経済学T部門「最優秀賞」
陳ゼミ Bチーム
「地域の活性化 〜彦根観光の再興〜」

◆日本経済U部門「優秀賞」
井澤ゼミ Aチーム
「特産品の地域ブランド化要因 〜彦根梨は地域ブランドになるのか?〜」

◆経営戦略T部門「優秀賞」
岡本ゼミ Aチーム
「高島屋におけるインバウンド顧客の化粧品の購買の要因」

◆経営戦略V部門「最優秀賞」
弘中ゼミ Cチーム
「中小製造業の企業間共同研究開発 〜『既存技術の向上』と『新技術の開発』に着目して〜」

◆経営戦略W部門「最優秀賞」
弘中ゼミ Aチーム
「活動方針の理解が従業員満足度に及ぼす影響 〜宿泊業界のケース〜」
滋賀大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る