モバっちょ


第5回「立志社中」中間報告会を開催しました
 11月12日(日曜日)に池キャンパスにおいて平成29年度高知県立大学「県民大学」学生プロジェクト「立志社中」の中間報告会を開催しました。

 「立志社中」とは、地域の課題解決に向けて地域の方と協働して主体的に取り組む学生の活動に対し、大学がその活動資金等の支援を行うもので、今年度は、10件のプロジェクトで約360名の学生たちが活動しています。

 前半の活動を終え、中間報告会において半年の活動の振り返りをすることで、学生たちはまた新たな気持ちで後半の活動を企画・実行します。大学で学ぶ専門知識をもとに、それを生かして活動を行うことで、地域の活性化に繋げるとともに、実践による実学の学びに繋がることを期待しています。今回の中間報告会からの新たな取り組みとして立志社中メンバーの学生が受付・司会、中間報告会後の交流会等の運営に携わりました。本学生の活躍は会場に多く参加いただいた高校生たちにとっても、良い刺激になったのではないでしょうか。

 交流会では、立志社中プロジェクトに参加している学生たちがチームの枠を越えて交流を深めました。審査員の方々や担当教員、他グループとの交流を通じて学生たちは今後の活動のヒント等を得たようです。

当日の様子等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.u-kochi.ac.jp/site/aeru/171116.html (外部サイトへ移動します)