モバっちょ


本学で開催した新学習指導要領について考えるシンポジウムの記事が掲載されました【西日本新聞朝刊《2017年1月25日(水)》】
【掲載記事要旨】
 平成32年度から導入される新学習指導要領について考えるシンポジウムが福岡教育大学で開催され,文部科学省学習指導要領改訂担当者から新学習指導要領改訂のねらいやスケジュールが紹介されるとともに,文部科学省の教員免許担当者,県内の教育関係者,県外の私立大学関係者も交えての議論があり,県内外の方々が耳を傾けた。

(本学の取り組み)
 本学は,国立の教員養成単科大学として,各地域に優れた教員を輩出するとともに,教員養成の広域拠点的な役割を担うことをめざした取り組みを進めています。

 このような取り組みの一環として,全国及び県内の教育改革の動向等について積極的に収集,提供することにより,本学内の学生や教職員のみならず,広く地域の教育関係者に貢献するべく,平成29年1月20日(金)に福岡県教育委員会等と連携して「社会に開かれた教育課程」づくりを考えるシンポジウムを開催しました。

 今後も,本学の学生等が教職に向けて様々な知見を得るとともに,地域の方々の学校教育の推進や教員養成・研修に貢献する大学を目指して取り組んでまいります。