モバっちょ


防災公開講座「災害発生時における大学のレジリエンス」を開催します
 静岡文化芸術大学では、防災公開講座3回シリーズ 第2回「災害発生時における大学のレジリエンス」(共催:静岡県、ふじのくに地域・大学コンソーシアム)を下記のとおり開催いたします。

 今回の講座では、熊本地震に被災した大学の現場の様子や、静岡県立大学、浜松医科大学、静岡文化芸術大学の防災対策の現状の報告及びパネルディスカッションを行います。

注:「レジリエンス(resilience)」とは、災害に被災した際など大きなストレスを伴う経験をするときに、柔軟に対応しながら苦しい状況を乗り越え回復していく個人と集団の力です。「大学」という組織がレジリエンスを高めておく、あるいは発揮することができるように、今からしておくべきこと、できることを考える機会にしたいと思います。

 どなたにでもご参加いただけますので、皆さま、是非ご来場ください。

【第2回】災害発生時における大学のレジリエンス
日時:
12月15日(金曜日)午前10時から午後0時

会場:
静岡文化芸術大学 279中講義室

申し込み不要・参加費無料(どなたでもご参加いただけます。)

【お問合せ先】
静岡文化芸術大学 地域連携室
〒430-8533
浜松市中区中央2-1-1
Tel.053-457-6105
Fax.053-457-6123

【交通アクセス】
 駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

交通アクセス、チラシ等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.suac.ac.jp/news/event/2017/01470/ (外部サイトへ移動します)