モバっちょ


建築デザインコンペで 学生6名が受賞
 平成29年度 第23回 建築デザインコンペ(主催:一般社団法人高知県建築士事務所協会)の審査会が2月7日に行われ、システム工学群の学生6名が「高知県建築士会会長賞」や「高知新聞社長賞」等を受賞。18日に、高知市の文化プラザかるぽーとで行われた表彰式に学生が出席しました。

 同コンペは、魅力ある地域づくりを推進する観点から、若い世代の感性に期待し、人材の育成助長と建築家としての夢を持たせることを目的としており、地域の個性、独自性を生かした地域づくりを行う試みを活発化させています。

 本コンペには総応募198点、個人部門には68点の申し込みがありました。

 また、当日会場には受賞機関、団体の関係者や建築関係者等、約70名が参加しました。

■高知県建築士会 会長賞
システム工学群4年 三島 宏太 くん
環境建築デザイン研究室
指導教員:渡辺 菊眞 准教授
作品名「虚空橋-こくうきょう-」

■高知新聞社 社長賞
システム工学群3年 市川 明日香 さん
建築デザイン研究室
指導教員:吉田 晋 准教授
作品名「すきま」

■RKC高知放送 社長賞
システム工学群4年 岡 廉 くん
建築デザイン研究室
指導教員:吉田 晋 准教授
作品名「ひと、道、やぐら」

■KUTVテレビ高知 社長賞
システム工学群4年 三崎 遼太 くん
建築デザイン研究室
指導教員:吉田 晋 准教授
作品名「風光明媚」

■エフエム高知 社長賞
システム工学群3年 久武 周平 くん
建築デザイン研究室
指導教員:吉田 晋 准教授
作品名「都市と自然の間に住む」

■建通新聞社 支社長賞
システム工学群4年 児玉 遼 くん
環境建築デザイン研究室
指導教員:渡辺 菊眞 准教授
作品名「旧佐岡小学校リノベーション計画」

【受賞した三島 宏太くんのコメント】
 高知を舞台にした設計作品が、高知のコンペで認められたのは大変嬉しいです。渡辺先生から「土地を見て建築は出来上がる」と指導していただいており、本作品も、場所を生かした建築設計が評価されて感無量です。春からは大学院に進みますので、高知で学ぶことで出来る建築というものを目指して頑張っていきます。

【受賞した市川 明日香さんのコメント】
 受賞した作品は「すきま」です。テーマは大学の講義テーマの「風景感応空間」。大学近隣の物部川沿いの旧道に広がる風光明媚な景観を生かし、川沿いの建物に懸造り(かけづくり)を採用し、ゆったりとした、川の眺望と居住性を両立させる空間造りを意識した設計としました。自分の作品が外部で評価され自信がつきました。今後も更なる⾼みを目指して頑張ります。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kochi-tech.ac.jp/news/2018/003776.html (外部サイトへ移動します)