モバっちょ


フィッシング・カレッジ2018 3月講座のお知らせ
フィッシング・カレッジ2018 3月講座のお知らせ
新種の魚を見つけよう


日時:
2018年3月27日(火)午後6時半より(午後8時ごろ終了予定)

場所:
東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 東向島オフィス
東京都墨田区東向島2-36-10 東京東信用金庫 本店ビル5階

東武伊勢崎線・スカイツリーライン・亀戸線「曳舟」駅 徒歩約5分
京成押上線「京成曳舟」駅A1出口 徒歩約6分

参加費:
 無料。

 どなたでも参加出来ます。申し込み不要。筆記具持参。当日は遅れないように大学に来てください。(遅く来ると配布資料がなくなることもあります)

 終了後の懇親会は有料です。要予約。adaso-1223biba-ou@ezweb.ne.jpまで

講座概要:
新種の魚を見つけよう

講師:
武内 俊(マルキユー株式会社 研究室)
奥山文弥(東京海洋大学 産学・地域連携推進機構客員教授)

ご案内(奥山文弥・東京海洋大学 産学・地域連携推進機構客員教授):
 今回は東向島オフィスで行います。東武スカイツリー線曳舟駅から徒歩5分の東京東信用金庫本店の5階です。

 魚の種類の見分けかた、君も魚博士になって新種を発見しましょう。

 魚の種類は2万5千種以上と言われています。すぐれた魚類図鑑でも約1000種類ぐらいの魚達を紹介する程度ですが、その種類をおぼえるのは容易ではありません。

 図鑑によっては、写真がそろわず、ある魚は成魚が紹介されているのに、別の魚は稚魚だったりして覚えるほうも大変です。今回の講座では魚の種類の覚え方や見分け方をわかりやすいように解説します。

 多くの魚を知っていれば、もし珍しい魚が釣れた時、採れた時にもしかしたら、それは新種かもしれないという期待もあります。

 また新種を発見するためには、どういう行動をすればいいのでしょうか?この講座を聴いてさかなクンに負けない魚通になりましょう。

東京海洋大学 産学・地域連携推進機構
詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kaiyodai.ac.jp/events/general/201803050945.html (外部サイトへ移動します)