モバっちょ


大学の理念・目標
<大学の理念>
 人類社会の持続的発展に資するため、海洋を巡る学問及び科学技術に係わる基礎的・応用的教育研究を行う。

<大学の人材養成と目標>
 我が国が海洋立国として発展し、国際貢献の一翼を担っていくためには、国内唯一の海洋系大学である東京海洋大学が、「海を知り、守り、利用する」ための教育研究の中心拠点となって、その使命を果たす必要がある。このような基本的観点に立ち、本学は、研究者を含む高度専門職業人養成を核として、海洋に関する総合的教育研究を行い、次の能力・素養を有する人材を養成する。

海洋に対する科学的認識を深化させ、自然環境の望ましい活用方策を提示し、実践する能力

論理的思考能力、適切な判断力、社会に対する責任感をもって行動する能力

現代社会の大局化した諸課題について理解・認識し、対応できる実践的指導力

豊かな人間性、幅広い教養、深い専門的知識・技術による課題探求、問題解決能力

国際交流の基盤となる幅広い視野・能力と文化的素養

<大学像>
 海洋分野において国際的に活躍する産官学のリーダーを輩出する世界最高水準の卓越した大学。

<大学の研究領域>
 本学は、環境、資源、エネルギーを中心に、これら3領域の複合部分、周辺領域を含めた幅広い研究に取り組む。