モバっちょ


筑波模擬国連,全米模擬国連大会にて2年連続受賞
 11月3日〜5日に米国ワシントンDCにて開催された全米模擬国連大会において,筑波大学社会・国際学群全米模擬国連大会派遣団(以下「筑波模擬国連」と呼ぶ)が昨年に引き続き二つの賞を受賞しました。本学,社会学類4年次Oinam Maggi氏と国際総合学類3年次のMaarten van der Plas氏がベストポジションペーパー賞を受賞し,団体には特別賞が授与されました。

 今回の大会では本団体がフィリピンの代表団として参加者7名が総会(GA1),国際連合貿易開発会議(UNCTAD),国際原子力機関(IAEA),国際環境総会(UNEA)の委員会にそれぞれ属し,世界中から集まる学生たちと様々な国際問題について議論しました。大会は三日間に渡って開催され,多様なバックグラウンドを持つ学生達が協力し合い,多国籍企業の社会的責任,小型武器の不正取引,海洋保全など,さまざまな問題の解決策を提案しました。

 筑波模擬国連は2013年に活動を開始して以来,毎年開催される全米大会に出場してきました。これまで筑波模擬国連の活動をサポートしてくださった皆様に,チーム一同心より感謝の意を申し上げたいと思います。

関連リンクは下記URLをご覧ください。
http://www.tsukuba.ac.jp/news/n201711101020.html (外部サイトへ移動します)