モバっちょ


岸上順一教授がWorld Wide Web Consortium(W3C)3期目のAdvisory Boardに選出されました
 本学の岸上順一教授がWorld Wide Web Consortium(W3C)3期目のAdvisory Boardに選出されました。

 W3Cは,Web標準化の開発を目的とし,会員組織,フルタイムスタッフ,および公的団体が連携する国際コンソーシアムです。

 本コンソーシアムは,米 MIT Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory(MIT CSAIL:マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所),仏 European Research Consortium for Informatics and Mathematics(ERCIM:欧州情報処理数学研究コンソーシアム),中国Beihang University(北京航空航天大学),および日本の慶應義塾大学により共同運営されておりWebの長期的な成長の確保を目的としたWeb標準およびガイドラインの作成を通じ,その使命に尽力しています。現在470を超える組織が,本コンソーシアムの会員として参加しています。

 W3C Advisory Board(W3C顧問機関)は,W3Cの継続的な戦略,経営,法務そしてプロセスの課題について議論を行い,W3Cへの提言を行う機関として1998年3月に設立されているもので,本顧問機関の委員の任期は2年とされており,W3C会員各代表の投票で選出されます。

W3Cトップページ
http://www.w3.org (外部サイトへ移動します)