モバっちょ


シンボルマーク


 平成6年4月、本学は、熊本女子大学から「熊本県立大学」に大学名称を変更し、併せて男女共学化、新学部(総合管理学部)の増設などを行い、新たなスタートを切りました。同時に、このシンボルマークを始めとする一連のデザインシステムも開発。

 制作者は、日本グラフィックデザイナー協会会長で、札幌冬季オリンピック公式マークや沖縄海洋博公式マーク、総理府政府広報シンボルマークなどを制作した永井一正氏です。

 このシンボルマークは、「時代と地域の要請に応える大学」をイメージ。「黒」は地域と大学の伝統、「赤」は、世界に向かって力強く伸びていく先進性と若々しい躍動感を表しています。