モバっちょ


全国初のタブレットCBT入試を実施《自動採点,間違えたら再チャレンジ》(2017年12月1日)
 佐賀大学は12月1日,理工学部と農学部の推薦入試の受験者(65人)を対象にタブレット(iPad)を使った入試を国内大学で初めて実施しました。入試方法は,試験開始前にタブレットの操作方法を30分説明した後,60分の試験時間内で数学,物理,化学,生物,英語の教科書レベルの問題を出題しました。今回実施した試験は,基礎学力に加え,一度間違えた問題でも,タブレットの特性をいかして,試験時間中に自動採点し,解説を示したうえで類題を解かせ,「学習する能力」も見る「基礎学力・学習力テスト」というものです。試験終了後は解答の採点も自動化され受験生個々の答案は直後に行われた面接においても活用しました。

 「佐賀大学版CBT」システムは,佐賀大学アドミッションセンター(西郡大センター長)が県内企業(株式会社佐賀電算センター)と約2年6か月前から共同開発したもので,開発したCBTシステム(学習力測定)と認証コードにより問題を変える運用制御の2件については,特許出願も行いました。平成30年度以降は,推薦入試やAO入試においてタブレットを利用した英語4技能や動画などを用いた小論文などの入試方法についても導入を行う計画であり,また,教育への応用についても検討を行う予定としています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.saga-u.ac.jp/koho/common/2017120510167 (外部サイトへ移動します)

【この件に関する問い合わせ先】
佐賀大学学部部入試課
TEL:0952-28-8178