モバっちょ


国語教育専攻
【専攻の特色】
 中等教育において国語科の教師として求められる専門的な学力を養うとともに、子どもから大人へと変容し始めるこの時期の生徒に適切に対応しうる実践的指導力を身につけることを目指します。そのために本専攻では、国語科教育・国語学・国文学(近現代文学・古典文学・児童文学)・漢文学などの専門家を配置して教科専門の力量を養うとともに、教育現場とも往還しながら、専門の教科はもとより、中等教育の抱える諸問題にも対応できる実践的指導力を養い、優れた国語科教員の育成を目指します。

【教育体系】
 国語教育専攻は専門科目としてまず「国語基礎講読」(1年次)「書道演習」(l〜2年次)を学び、2年次から国語学・国文学・漢文学の各概論(2年次)・講義・演習(2〜4年次)および「国語教育演習」(3〜4年次)などを学ぶ。教育実習関連科目として「国語科教育実践体験演習(中等)」(1年次)「国語科教育実践研究」(2〜3年次)を学び、「教育実習」(3年次及び4年次)に臨む。4年次には「卒業論文」を書く。

【取得免許・資格】
卒業要件で取得できる免許:
中学校1種教員免許状(国語)、高等学校1種教員免許状(国語)

その他の履修によって取得可能な免許:
小学校1種教員免許状など

【卒業後の進路】
教員:(宮城県・東北各県・東京都・横浜市など)
公務員:(仙台市・名取市・日本郵政公社・大学職員など)
企業:(東北リコー・日本精機・三菱関連会社など)
進学:(東北大学大学院・ペルージャ国際大学〔イタリア〕・宮城教育大学大学院など)。
宮城教育大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る