モバっちょ


デザイン学部生による体験型コンテンツ展覧会「tap behavior 2018」を開催します!
 本イベントは「デジタルコンテンツとの関わり方」を体験を通して考える展示会です。

 普段の日常生活で身近なツールとなったスマホやタブレットを、指以外の操作や演出・ストーリーを加えることで、どんな体験ができるでしょうか。

 「体験のデザイン」にフォーカスし、札幌市立大学デザイン学部3年生の約30名が、様々なアナログ素材を利用し、指以外の操作と独自アプリの連動を学生自らが企画・制作し、タップ(tap=触れる)の振る舞い(behavior:ビヘイビア)をデザインした体験型コンテンツを展示します。

 昨年1月に実施したtap behavior 2017では、新たな体験に多くの来場者から好評価をいただきました。

 2年目の今回も、6つのコンテンツの体験発表会となる1日限りのエキシビションを行います。

 普段当たり前にスマホ画面をタップする振る舞いを捉え直し、ヒト、アナログ素材、デジタルメディアの接点を探るこの機会。

 「スクリーンを越えた体験のデザイン」に、ぜひご注目ください。

日時:
2月12日(月・祝)
17:30〜19:30(開場17:00)

場所:
ほくせんギャラリーivory[アイボリー]
札幌市中央区南2 条西2丁目 NC HOKUSEN ブロックビル4F

備考:
参加自由・参加費無料(軽食・ドリンク付)

イベントサイト:
http://www.fkd-lab.net/tapbehavior/ (外部サイトへ移動します)

イベントのフライヤー
http://www.scu.ac.jp/cms/wp-content/uploads/2018/02/tapbehavior2018_flyer.pdf (外部サイトへ移動します)