モバっちょ


就職情報
 大学教育の成果の評価基準のひとつは、卒業生たちの進路状況です。本学は、1946年創立以来、たくさんの卒業生・修了生を送り出してきました。彼らは独立した作家・デザイナーとして、教育者として、又、学芸員として国際的なレベルで活躍しています。また民間企業においても、時代に即応した専門技術をおおいに活かし、社会に貢献しています。日本のみならず世界各地における本学卒業生への高い評価は、金沢美大の誇りとするものです。下記は、近年の卒業生の主な進路・就職先です。

 美術科(日本画、油画、彫刻、芸術学)や工芸科の学生は、約5割の学生が教員免許状を約4割の学生が学芸員資格を取得しています。また、より高度な制作や研究を目指し約4割が大学院への進学を希望します。デザイン科の学生は大部分が就職を希望します。うち視覚デザイン専攻の学生は、広告・映像・ゲーム関係の会社への就職が多く中にはフリーデザイナーとして独立する者もいます。製品デザイン専攻の学生は、大手製品メーカーのデザイナーとして、また、環境デザイン専攻の学生は、建築設計会社や商業施設のショーウィンドウ等のデザイナーなどとして、数多く就職しています。
◆主な進路
 美術科
 デザイン科
 工芸科