モバっちょ


新入生が全学農畜産実習で羊の毛刈りを見学
 独立行政法人家畜改良センター十勝牧場(音更町駒場)において、全学農畜産実習の一環として、羊の保定や毛刈りの見学を行いました。

 全学農畜産実習は、新入生(共同獣医学課程・畜産科学課程)全員が参加するカリキュラムであり、学生に農畜産の幅広い知識と体験により「食の安全」「命の大切さ」を実感させ、クラス単位での実習参加を通じて、学生の人間関係やコミュニケーションを確立することを目指した総合的な導入教育です。

 4月17日(火)に行われた実習では、畜産科学課程1年の43名が牧場職員から羊の特徴などの説明を聞き、羊の保定及び毛刈りの実演を見学しました。保定技術や毛刈りの方法に関する説明を聞きながら、必死にメモを取る様子が見られました。

 今後、この実習は、「作物栽培」、「搾乳」、「乳製品生産」をはじめ、5月8日(火)から約1か月半にわたって豚の飼育をする「家畜管理」、その飼育した豚をと畜、解体し、ソーセージを製造する「肉製品生産」など多くの実習を行い、専門職業人としての必要な見識を養うことになります。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.obihiro.ac.jp/topic/2018/hitujijissyuu_30.html (外部サイトへ移動します)