モバっちょ


大学対抗ミートジャッジング競技会世界大会で日本代表チームが部門優勝の快挙
 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ワガワガ市のチャールズスチュアート大学において、7月4日から8日までの間、大学対抗ミートジャッジング競技会世界大会(オーストラリアICMJ)が、世界5カ国(オーストラリアの10大学、アメリカ、韓国、インドネシア、日本のナショナルチーム)から総勢160人の畜産・食肉科学を専攻する大学生・コーチによって開催されました。

 日本代表チームは、今年3月に開催された第9回全日本大学対抗ミートジャッジング競技会での上位入賞者5名、中西夢帆さん(北海道大学)、志水万里子さん(帯広畜産大学)、松岡大貴さん(帯広畜産大学)、後藤弥子さん(帯広畜産大学)、小澤みのりさん(麻布大学)と鎌田樹さん(コーチ・北海道大学大学院)で参加しました。

 競技の公用語は英語で行われ、牛肉・豚肉・ラム肉および精肉&部分肉の各部門を審査することにより、部門毎の成績と4部門を統合した総合部門で争われ、競技会の肉質審査に関しても日本の規格とは著しく異なるため、日本チームは苦戦を強いられましたが、みごと「精肉&部分肉審査部門」で優勝を果たしました。