モバっちょ


本学畜産科学課程1年生が少林寺拳法世界大会へ出場
 山本さんは、7月29日(土)、30日(日)に北米カリフォルニアで開催される2017年少林寺拳法世界大会へ出場します。

 山本さんは、小学4年生の時から少林寺拳法を習い始め、難しい型を習得した時の喜びと、精神面での向上をも目的とする少林寺拳法に魅了され、競技を続けてきました。昨年10月の大分県別府市で開催された少林寺拳法全国大会(オールジャパン)において、ひとりで行う「単独演武」の部でみごと準優勝を果たし、世界大会へのキップを手にしました。

 世界大会では、1分15秒という短い時間の間に規定の6種類の型を連続して演武し、その完成度を競います。そのために、現在は、大会で体がぶれないよう、筋トレや体力アップトレーニングをして、技を磨き世界大会へ向けた準備に取り組んでいます。

 山本さんは、「将来は、指導者になって子供達に少林寺拳法の素晴らしさを伝えたいです。そのために今は、技術の向上と精神面の強化に力を入れています。4年に1度の世界大会で1位を取れるように頑張ります。」と笑顔で話してくれました。

 みなさん、山本さんを応援しましょう。