モバっちょ


上村靖司 教授が地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰を受賞しました。
 機械創造工学専攻 上村靖司 教授が主宰する「越後雪かき道場®」が、地方自治法施行70周年自治功労者として表彰されました。平成29年は地方自治法が施行されて70周年に当たる大きな節目の年にあたるため、記念式典が挙行されるとともに、地方自治に関する功労者の表彰が行われました。表彰式は11月20日に東京国際フォーラムにて行われました。

【受賞内容の概要】
 「除雪救援」と「除雪安全」の2つのミッションを掲げて誕生した「雪かき道場」は11冬季の間に7県の延べ50か所以上で開催され、初・中・上級合わせて1,441名を超える修了者を輩出するとともに、十日町池谷地区、群馬県片品村社会福祉協議会に暖簾分けしたり、山形県尾花沢市、長野県飯山市に派生した兄弟プログラムも根付かせるなどその普及に尽力してきました。その他にも、全国の豪雪地帯の同様な活動に対して多大な影響力を与えてきており、かつ様々な企業等と連携し製品開発などのハード整備も進めています。