モバっちょ


食品科学科
(4年 女性)
◆食品や調理に関わる科学を学び、新しい冷凍食品を開発したい!
 オープンキャンパスで受講した味覚の講義がきっかけで、食品への探求心が強まり、食品科学科に入学しました。現在、特に興味を持っているのは調理学です。食材を調理する過程で起きる変化を学ぶことで、実際の調理に役立てることができます。研究室では不凍タンパク質の立体構造解析の研究を進めています。将来は、この研究成果を冷凍食品に応用し、油脂を使わずに舌触りが滑らかなアイスクリームを開発してみたいです。
(3年 女性)
◆先生のサポートを受けながら、数多くの実験を行います
 食品科学科では、食品について多角的に学んで幅広い知識を身に付けることができます。他の学科に比べて実験が多い学科で忙しい面もありますが、少人数で先生のサポートをしっかり受けながら実験に取り組める環境が気に入っています。2年生から専門科目の授業が増え、食品の栄養や分析方法について学ぶほか、3年生になると食品衛生学や食品管理学などの安全系分野の学びも増えて視野がさらに広がります。