モバっちょ


サッカー部が総理大臣杯北海道トーナメントにおいて2連覇を達成しました。
 6月10日(日)、8年連続・11回目の決勝戦進出となり、6回目の優勝をかけて北翔大学と戦いました。

 序盤から厳しいゲーム内容となり、本校はボールをキープするも相手の5バックを崩せず、試行錯誤の攻撃を続けます。CBの泉山凌馬さん(2年、盛岡商)やMFの鈴木理久さん(2年、コンサU18)のロングシュートなどで揺さぶりをかけるとともにサイド攻撃からシュートにつなげ、徐々にペースをつかみ始めます。

 前半終了間際までシュート数は12本、何とか風上の前半に得点が欲しいところですがなかなか決められません。しかし、45+2分 アディショナルタイムに鈴木翔さん(4年、コンサU18)のセンタリングをニアに詰めた中本峻平さん(2年、広島観音)が頭から飛び込む強烈なシュートにより先制します。

 後半はリズム良くボールが回りはじめ、途中交代で入った原巧佑さん(2年、高崎商業)も強烈なシュートを2本放ちます。21分、鈴木理久さんのCKを泉山さんがヘッドで合わせ、跳ね返ったボールを再びヘッドで押し込みて2:0とリードを広げました。さらに、32分、小川達也さん(3年、大阪履正社)のパスから佐賀俊之輔さん(4年、札幌清田)がドリブルで抜け出し、角度のないところから逆サイドに蹴り込み、3:0とします。

 33分、右SBの遠藤祐馬さん(3年、大阪桐蔭)がドリブルで抜け出しセンタリング、これを下田友也さん(2年、コンサU18)がけり込んで4:0と勝利を決定付けることができました。

 この大会のMVPは中本峻平さん、最優秀MFに小川達也さん、最優秀GKに鎌田大輝さん(4年、大阪履正社)が選出されました。

 本校は9月1日から大阪で開催される全国大会に出場します。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.hokkyodai.ac.jp/info_topics/iwa/detail/6844.html (外部サイトへ移動します)