モバっちょ


電気電子工学科(女性)
自分が開発したものが実際に動く。その瞬間を見てみたい

 地元の大学で、将来の選択肢も多く、就職に強い。そんな理由から九工大の電気電子工学科を受験しました。実際、コンピュータやさまざまな電気・電子機器、半導体、エネルギーなど、幅広く且つしっかりと学ぶことができ、よい選択をしたと思っています。3年次のPBLでは、4人のチームで、Wiiリモコンを改造し、マットを踏むとゲームの操作ができる仕組みを作りました。他学科や高専と合同で行う発表会でアイデア賞をいただき、とても嬉しかったです。小さい頃からアニメや漫画が好きで、作品に登場するロボットやマシンを発明する人になりたいと夢見ていました。現在、研究室ではC言語を中心にプログラミングをしていますが、その他の言語も学びたいと考えています。将来は、製品の一部ではなく、製品全体の開発に携わる仕事がしたいと思っています。自分が開発したものが実際に動く様子を見る時が来ることを目指し、頑張りたいと思います。