モバっちょ


大学の特長、沿革・歴史
【HISTORY】
 1911(明治44)年に,官営の小樽高等商業学校として設立された。

 1949(昭和24)年の戦後の学制改革に伴い,小樽商科大学として単独昇格した。

 北海道の文系大学で最も長い歴史をもつ。

 1学年約500人,全学で2000人ほどの学生数で,86ある国立大学のうち,最少規模の大学であり,また唯一の社会科学系単科大学である。

 現在は,商学部の中に,経済学科,商学科,企業法学科,社会情報学科の4学科(昼間・夜間)がある。先進的で自由闊達な校風から,旧制時代には小林多喜二や伊藤整といった作家も輩出した。

 創立以来,「実学・語学・品格」を教育理念とし現在に至る。
小樽商科大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る