モバっちょ


平成29年度 保健大学すこやかゼミについて
 保健大学では、社会貢献を教育理念の1つに掲げ、地域に開かれた大学を目指して、平成15年度から毎年公開講座を開講しており、毎年のべ1,000人以上の方々に受講いただいております。

 昨今、青森県は短命県返上を目指しており、そのためには、県民一人ひとりのヘルスリテラシー(健やか力)向上が大切です。

 ヘルスリテラシーとは、健康情報についての情報リテラシーを意味し、健康に関する様々な情報を受けて、理解していくことが大切と考えられています。

 さらに、各回500人規模で開催している公開講座とは別に、少人数制の講座を開設してほしいという多くのご要望が寄せられてきました。

 これらに応えるため、平成26年度から「保健大学すこやかゼミ」の開設となりました。

<平成29年度>
 平成29年度の内容は次のとおりです。

【講座名】
健康と介護予防について考える

【講師】
理学療法学科 助手 木村 文佳

【内容】
 健康で元気に過ごすことはどの世代にとっても理想的な生活です。しかし、高齢になるほど疾病のリスクや介護需要度は高まります。近年では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題、単身高齢者の増加により孤独死が増えると見込まれる2040年問題が注目されています。

 今年度のすこやかゼミでは健康と介護について、全国と青森の状況を照らし合わせながら、健康と介護予防の重要性について考えてみたいと思います。講義では健康生活の実践と介護予防に必要な運動の種類と量などについてご提示します。

 参加者ご自身の習慣について振り返る時間とし、参加者同士の交流を通しながら、健やかに生きるための知恵について、参加者同士で共有することを目的とします。

【日時】
平成30年3月17日 土曜日 13時30分から15時30分

【場所】
青森県立保健大学 B棟3階 B301教室

【定員】
20名(※申込者多数の場合は抽選)

【締切】
3月6日 火曜日

【申込方法】
 名前、住所、電話番号、職業(高校名)をご記入の上、「ファクス」「申込みフォーム(下記URL参照)」のいずれかでお申込みください。ファクスでお申込みの場合は下記URLチラシ裏面申込書をご利用ください。受講可否については、3月9日頃に申込者住所あてに郵送します。

平成29年度保健大学すこやかゼミのチラシと申込書、申込みフォーム、実施報告等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.auhw.ac.jp/renkei/chiiki_renkei/koukai_kouza.html#sukoyakazemi (外部サイトへ移動します)

【問い合わせ・申込先】
青森県立保健大学 地域連携推進課
〒030-8508
青森市大字浜館字間瀬58-1
電話 017-765-4085
ファクス 017-765-2021
Eメール kenkou*auhw.ac.jp
(*を半角@に変えて送信してください。)