モバっちょ


教育理念
■理念と使命
<ヒューマンケアを実践・統合できる人材の育成>
 「ヒューマンケア」とは、ケアの提供者である専門職としての知識や技術だけではなく、人間とはなにかを理解し、病気や障害を持つ人々の心の痛みを感じる思いやりと温かさを持って接することです。

■大学の理念と使命
【理念】
 公立大学法人青森県立保健大学は、人々の健康と生活の質の向上を掲げ、「いのち」を育んできた創造性と四季豊かな自然に恵まれた地域特性を生かした教育研究活動を進め、ヒューマンケアを実践できる人間性豊かな人材育成するとともに、地域に開かれた大学として地域社会、ひいては国際社会の発展に貢献する。

【使命】
 大学の教育理念にふさわしい学生を受け入れ、より質の高い学術を教授研究できる体制を整え、人間性豊かでグローバル化と地域特性に対応できる能力を兼ね備えた保健、医療及び福祉の中核的役割を果たすことができる人材を育成する。

 保健、医療及び福祉の教育研究拠点として培った人的資源や教育研究成果を広く還元するとともに、産学官の連携した取組による地域貢献活動を展開する。

【基本姿勢】
 自立的な組織運営の基盤づくりを目指し、職員自らが意識改革し、実効ある取組を行うとともに、学生と一丸となって、ヒューマンケアを志向する大学の文化的風土の創造に努める。
【教育理念】
・人間性豊かな人材の育成
 生命に対する深い畏敬の念と倫理観に満ち、ケアの対象である人間を総合的に把握し、かつ、理解できる幅広い教養を身につけた人間性豊かな人材の育成を目指す。

・保健、医療及び福祉の発展に寄与できる人材の育成
 看護、理学療法、社会福祉及び栄養のそれぞれの専門性に基づいて、広く全般的な相互理解を深め、保健、医療及び福祉の連携・協調に向けて、その能力を発揮し、中核的な役割を果たすことのできる人材の育成を目指す。

・地域特性へ対応できる人材の育成
 全国平均を上回る高齢化の進行並びに成人病による死亡率及び乳幼児死亡率が高い青森県の課題の解決に向け、気候、風土、生活習慣などの地域の特性を理解し、それを考慮しながら問題解決へのアプローチができる人材の育成を目指す。

・グローバルな視野をもって活躍できる人材の育成
 外国語というコミュニケーション手段を用い、国際交流の場において、その国の人及び文化を理解し、グローバルな視野をもって活躍できる人材の育成を目指す。

・地域社会への貢献
 青森県民の多様な保健、医療、福祉ニーズに応え、生涯学習の中核施設としての機能を持つとともに、大学施設を広く県民に開放するなど、開かれた大学を目指す。