モバっちょ


青森公立大学まちなかラボ
【地域市民の皆様へ】
 青森公立大学まちなかラボは、2005年12月に開設した青森公立大学のサテライトオフィスです。

 社会人大学院の授業スペースを中心として、学生のまちなかへのフィールドワークの拠点や地域自治体の方々との会議スペースなどとして設置されました。通常は社会人大学院の方々の利便のために大学院の授業を行っています。

 そのほか、本学は経営経済学の単科大学であり、地域への貢献の一環として教職員や研究員による経営上のご相談を窓口でお伺いしています。研究員がご相談に対応するとともに、内容によってはさらに専門性・実効性のある支援機関への橋渡しを行います。

 まちなかラボの入り口付近には補助金情報や支援イベントのご案内、各種経営支援情報の他、青森地域に関する情報を発信しております。

(1)地域社会を担う人材育成のために、学生を「地域の現場」に送り出し学習するための「学習拠点」。

(2)本学教員が地域に密着した調査研究や経営相談を行う「研究活動の場」。

(3)地域社会をテーマとした共同研究、公開講座、研修事業による「人的交流の場」。

(4)情報コーナー、受験、進学相談窓口など、地域の皆様に本学を知っていただくための「情報発信の場」。

 本学の教職員、学生とともに、地域社会に関する研究、各種プロジェクトを行う際のディスカッションの場、地域振興、産学連携に関する相談窓口としてご利用ください。

 まちなかラボには、本学の地域研究センターの研究員が勤務しております。

 各種ご相談等につきましては、事前に相談内容等について、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

 また、まちなかラボのパンフレットコーナーには、公開講座・イベント、学生募集要項を配布しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

【開室時間と連絡先】
《ご利用時間》
13:00〜21:00

《連絡先》
電話 017-718-7025
FAX 017-776-2082
E-mail lab*b.nebuta.ac.jp
*@に置き換えてください。

毎週日曜日・フェスティバル シティ アウガ休館日・年末年始は、休業日とさせていただきます。
詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.nebuta.ac.jp/chiken/machinaka-lab/index.html (外部サイトへ移動します)