モバっちょ


平成29年度 証券研究関西学生連盟 春季セミナー・ディベート大会において4連覇を達成
 平成29年6月25日(日)、大阪経済大学において開催された『証券研究関西学生連盟』主催の春季セミナー・ディベート大会(後援:日本証券業協会)において、コーポレートファイナンスを専門とする本学商学部の宮川ゼミナール(担当:宮川壽夫教授)が見事に優勝を飾りました。

 4ブロック15チーム合計100名に及ぶ学生によって争われた本大会では、「企業の負債調達において銀行借入と社債発行いずれを選択すべきか。」という論題が出され、宮川ゼミからは3チームが出場しました。

 最大6名構成のチームによる競技ディベートが行われ、宮川ゼミの3チームが出場したすべてのブロックを制覇して完全優勝を決め、平成26年の初出場以来、連続4度目の優勝という偉業を成し遂げました。

 連続優勝記録がかかった今大会は、他校からの注目度も高く、ゼミ生にとって大きなプレッシャーでしたが、宮川教授の熱血指導のもと真剣な討論と文献調査を繰り返しながら地道に論理構成を積み上げたことが勝因となりました。

お問い合わせ先:
広報室
電話:06-6605-3411