モバっちょ


理学部附属植物園「サクラの観察会」<終了>
 理学部附属植物園は、平成29年4月15日(土)に「サクラの観察会」を開催します。

 当園内のサクラ山では、約50種の園芸品種と数種の野生種あわせて約200本以上を植栽しており、3月下旬頃から5月初め頃まで、さまざまな品種の桜の花をご覧いただけます。

 今回の観察会では、八重咲きの品種を中心に、植物園の教員が見どころをわかりやすく紹介します。

開催期間:
平成29年4月15日(土)13:30〜
小雨実施、雨天中止

開催場所:
大阪市立大学理学部附属植物園
〒576-0004
大阪府交野市私市2000
京阪電車交野線「私市(きさいち)」駅下車、徒歩約6分

参加料:
入園料 350円中学生以下は無料、大阪市民で満65歳以上の方は無料(住所・年齢の判るものを提示)、障がい者手帳をお持ちの方(本人と付添の方1名)は無料。

お申し込み:
 事前申し込みは不要です。お時間までに、植物園入口芝生広場にお集まりください。

その他:
【講師】
植松 千代美(うえまつ ちよみ)
大阪市立大学大学院理学研究科 准教授

<主な研究テーマ>
・緑のサクラ出現のメカニズム解明
・桃の起源を探る研究
・枝変わり突然変異機構の解明
・ナシ属植物の探索および評価と利用に関する研究

お問い合わせ先:
大阪市立大学理学部附属植物園
TEL:072-891-2059
アクセス、理学部附属植物園Webサイト、チラシ等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/event/2017/170415 (外部サイトへ移動します)