モバっちょ


生命環境学部
【ADMISSION POLICY】
 自然と社会の共生科学の視点から、生命・食・環境・経営などの諸問題に取組み、解決する意欲をもつ人を求めています。

【教育目標】
a.生命科学・食物生産・環境科学・社会科学に関する実践的な教育を行います。
b.広範な知識を統合する能力と、問題を発見・解決する能力を育みます。
c.持続可能で豊かな社会を実現できるグローバル人材を養成します。

■自然環境と人間社会との共存・共栄を科学し、人類の未来の担い手を育成する
 生命環境学部は、地域社会の持続的繁栄を担う農学系・社会科学系人材の育成を切望する地域ニーズを受け、平成24年4月に誕生した「理」・「文」融合型の学部です。理系・文系の垣根を低くした学科横断的な教育により、自然と社会の共生を実現するための課題を提起し、解決する能力を涵養します。

 本学部のカリキュラムでは、実験・実習・演習系の授業を数多く設けています。さらに自然科学系の3学科では、最先端のバイオ技術、食物科学・農学の専門技術、自然環境の調査管理技術など、高度な専門技術を習得できます。また社会科学系の1学科では、流通経済・経営・行政・都市計画など、地域社会のマネジメントに関する専門知識を学ぶことができます。
 学びの特色
 
 生命工学科
 地域食物科学科
 環境科学科
 地域社会システム学科