モバっちょ


学生協働交流シンポジウムで国立大学図書館協会賞を受賞しました
 本学図書館の学生と職員が一緒になって図書館サービスを向上させる「学生協働活動」が「国立大学図書館協会賞」を受賞し、6月14日(木)に札幌市で開催された「第65回国立大学図書館協会総会」において表彰されました。この賞は、大学図書館活動および図書館・情報学研究において顕著な業績をあげた個人およびグループに対して贈られるもので、本学は平成24年度についで2度目の受賞です。

 本学図書館では、「学生協働活動」に10年前から取り組んでいますが、この活動の一環として平成23年に島根大学附属図書館と合同で始めた「学生協働交流シンポジウム」が、地域を超えて全国展開するまでに拡大していったことが高く評価されました。

 また、7月10日(火)には岡正朗学長に報告を行いました。岡学長からは「今後も頑張って欲しい」と激励があり、図書館では今回の受賞を機に学生協働の力を改めて感じるとともに、シンポジウムを通して得た成果を還元し更なる発展に繋げたいと決意を新たにしていました。