モバっちょ


『学生FDサミット2018春』において最優秀賞「ポスター大賞」を受賞しました!
 2018年3月8日(木)・9日(金)、法政大学で開催された『学生FDサミット2018春』、ポスターセッションにおいて、大学教育センターの支援を受けて活動するYU-AP学生スタッフが作成したポスターが最優秀賞「ポスター大賞」を受賞しました。2017年度に取り組んできたYU-AP学生スタッフの活動内容が高く評価されるとともに、切り絵などの工夫を凝らしたポスター展示の成果であり、参加学生・教員一同、大きな喜びに包まれました。

 学生FDサミットとは、学生の声を教育改善や学修環境改善に活かす学生参画型のFD(Faculty Development(教育改善・学修環境改善))を行う全国各地の大学生団体が集結して意見交換や情報交流を行う全国イベントで年2回(春と夏)開催しています。本学からは毎年、YU-AP学生スタッフや教職員が参加しており、2017年3月には、山口大学主催で『学生FDサミット2017春』を開催し、全国から約260名の学生・教職員の参加者を集めました。

<ポスター大賞のコメント>
@人文学部3年生 堀井さやか(YU-AP学生スタッフ)
 学生FDサミット2018春のポスターセッションの部において、山口大学の作品が大賞を受賞したことをとても嬉しく思います。

 私は大学2年からYU-AP学生スタッフとして活動を始め、アートふる山口や大殿七夕ちょうちん祭りといった地域のお祭りや、学内のクリスマス照明企画など、様々なイベントにかかわらせていただきました。ポスターを作るにあたって、そうしたイベントや地域の方々との交流をどのように表現すればいいか、同じYU-AP学生スタッフである廣本さんと相談しながら作り上げていきました。ポスターの内容はもちろん、「クリスマスの照明企画で作ったメッセージカードを横に添えてみたらどうか?」、「目を引くために山口大学のマスコットキャラクターを飾ってみたらどうか?」などと意見を出し合い、試行錯誤しながらの作業は大変でしたが、それ以上にとても楽しくやりがいを感じました。

 数あるポスターの中から、私達山口大学YU-AP学生スタッフのポスターが選ばれたことは本当に嬉しく、光栄に思います。また、今回のポスターセッションで他大学の取り組みについて学ぶことができたことも、私にとってとても貴重な経験になりました。このポスターセッションで学んだことを生かし、これからもYU-AP学生スタッフとして様々な活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。

A人文学部3年生 廣本明日香(YU-AP学生スタッフ)
 学生FDサミット2018春のポスターセッションでポスター大賞という素晴らしい賞を頂き、とても嬉しく思います。

 飾り付けで可愛らしく華やかにするために細かなところまで気を配って作業したり、どうすれば見やすいポスターになるのか話し合って構図を工夫したりしました。時間のない中のポスター製作に大変だと感じることもたくさんありました。しかし、そういったことも含め評価されたことに、報われたような思いもあり、皆で喜び分かち合うことが出来ました。

 また、ポスターの中身である、私たちが行ってきた学校内外での活動に関しても、より多くの方に興味を持って見て頂けたのかなと思い、やってよかった、頑張ってよかったと思いました。

 そして、こうして大賞を頂いたことをきっかけに更に多くの方々に私たちの活動について知って頂けると嬉しいです。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.yuap.oue.yamaguchi-u.ac.jp/blog/2018/04/000094.html (外部サイトへ移動します)