モバっちょ


生物資源学部
21世紀の食・環境・バイオを担う人材を育てます

 生物資源学部の前身は1921年に設立された三重高等農林学校で、もう少しで設立100周年を迎えます。本学部は2017年度から定員を260名に増加して学部を改組し、それまでの3学科体制から資源循環学科、共生環境学科、生物圏生命化学科、海洋生物資源学科の4学科体制としました。また、附属教育研究施設として農場、演習林、水産実験所、練習船勢水丸を有し、さらに2016年12月には、多様な形態による海洋生物資源としての鯨類の持続的利用に関する教育・研究を行う鯨類研究センターを設置しました。

 このように、生物資源学部は山の頂から海の底までの広大なフィールドを教育・研究の対象とし、農林水産業及び関連産業の振興を担う人材の育成を目指しています。
 資源循環学科
 共生環境学科
 生物圏生命化学科
 海洋生物資源学科
三重大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る