モバっちょ


人間看護学部
2013年度卒業(女性)
勤務先:彦根市立病院


 彦根市立病院は、彦根市内で唯一、産婦人科がある総合病院です。3科の混合病棟所属のため、様々な仕事を担当しますが、現在は助産師としての仕事が増え、外来の妊婦健診や分娩の手伝い、産後健診などを行っています。当病院の助産師は各々、外来・病棟ともに担当し、つながりを大切にしています。

 大学では、近江楽座の未来看護塾というプロジェクトに携わっていました。これは地域の方々に心も体も健康になってもらえるような活動を行うプロジェクトで、当病院と連携しています。「病院ふれあいまつり」に参加し、助産師の方の講演を聞いたことが特に印象的で、「この病院で働きたい、助産師になりたい」という思いを強くし、現在の仕事につながっています。また、大学では学生2名に対し教員1名という少人数で演習を行っていたので、実践的な力をつけることができました。

 これまでは技術の向上に精一杯でしたが、今後は一声かける・よりよく工夫するなどプラスαを考えて行動したいです。そして、経験豊富な先輩方から多くのことを吸収し、助産師として自立し、「ここで産んでよかった」と言っていただけるようなお産のサポートをしていきたいです。

(2017年1月現在)