モバっちょ


生活デザイン学科山田研究室の作品が第4回 石州和紙デザインコンペで入賞しました
■石州和紙デザインコンペ
 ユネスコ無形文化遺産「石州半紙の技」を生かして作られる石州和紙の用途開発のアイデアを競うコンペティションです。今回、生活デザイン学科の山田研究室が制作した作品が入賞しました。

■審査員
塙 冨士雄 他

■公式サイト
https://www.artaoiiwami.com/デザイン2017/ (外部サイトへ移動します)

■応募作品名
『島根県浜田市を元気にする魚拓DM』
「魚拓DM」は島根県浜田市を元気にするプロモーションツールです。浜田産の旬の魚を、魚拓の姿で、石州和紙の案内状を用いて、観光客様にお知らせします。石州和紙の風合いと、ノドグロなど旬の魚の美味しそうな姿を同時に楽しめます。浜田の和紙産業、水産業、観光業が連動し、浜田市全体が元気になる仕組みを考案しました。

■メンバー
清水冬二(生活デザイン学科3回生)
中村真子(生活デザイン学科3回生)
春田萌映(生活デザイン学科3回生)
山口大希(生活デザイン学科3回生)
山田歩(生活デザイン学科教員)

■受賞内容
石州半紙技術者会長賞