モバっちょ


人間文化学部『生活デザイン学科卒業研究・制作展2016』を開催しています(1/30〜2/5)<終了>
 人間文化学部生活デザイン学科では、4年間の学びの集大成である「卒業研究・制作展2016」を滋賀県立大学交流センターで開催しています(入場無料)。会場では、グラフィック、プロダクト、インテリア、建築、ファッション、マーケティング等に関する卒業研究・制作作品の約30点を展示します。滋賀県や彦根市などの地域産業や資源をテーマにした研究・制作も多数展示します。ぜひ、学生たちの日頃の成果をご覧ください。

日時:
平成29年1月30日(月)10:00〜17:00(制作系・論文系 公開審査会)
1月31日(火)10:00〜12:00(制作系 公開審査会)
2月1日(水)〜5(日)10:00〜18:00(展示会)

場所:
滋賀県立大学 交流センター1階 ホワイエ

対象:
一般(予約不要・入場無料)

◆研究・制作テーマ例
「新型彦根カロム台のデザイン及びプロモーションの提案」
「ゆとり教育を再考した小学生のための施設の提案-太秦大映通り商店街を事例として-」
「浜ちりめんを日常着に-ウォッシャブルシルクでシャツを作る-」
「服飾史から見たバレエ『眠れる森の美女』の衣装研究」
「伊吹地域特産品ブースのデザインおよびブランディングの提案」
「麻の魅力を伝えるプロモーション-滋賀麻工業会社の「Shigaasa」ブランドを広める動画広告の制作」
「近江八幡市旧市街地における古民家改修の提案-八幡市旧市街地における観光施設のニーズと旧喜多龍三邸に対する考察から-」
「木製アーケードゲームの提案-甲賀産材のプロモーションに向けて-」
「オリジナル飛び出し坊やによる近江八幡市の観光マップの制作」
「駅ホーム上の店舗の提案-近江鉄道を事例として-」など

◆卒業研究・制作展URL(PC版)
http://lifedesignusp.wixsite.com/sotsuten2017 (外部サイトへ移動します)