モバっちょ


地質の日in弘前2017
 「地質の日」(5月10日)にちなみ、地質学に関する講演会を開催します。

 今年は「弘前大学における大学院生の地質研究」と銘打って、理工学研究科で学んでいる大学院生が自分達の研究内容についてわかりやすく講演します。

 皆様のご参加をお待ちしております。

日時:
5月14日(日)13:30〜15:00

会場:
弘前大学理工学部1号館2番講義室

演題:
 以下の講演を予定しています。

「有孔虫からみた下北半島南東部、尾駮沼における近過去の環境の変遷」
・・・大友 陽(弘前大学大学院理工学研究科)

「ミクロの目で見る縄文土器―土器材料としてのテフラ(火山灰)―」
・・・近藤 美左紀(弘前大学大学院理工学研究科)

「青森県むつ市南部に分布する鮮新〜更新統産有孔虫化石群集」
・・・田村 岳臣(弘前大学大学院理工学研究科)

対象:
おおむね高校生以上

参加料:
無料

申込方法:
申込不要

【問合せ先】
理工学研究科 根本 直樹
tel:39-3618
e-mail:nemoto*hirosaki-u.ac.jp
(*を半角@に変えて送信してください。)