モバっちょ


理学部
数学科
 小さい頃から数学が好きで、高校では授業の一環で数学の研究もしていました。本格的に数学の勉強をしたいと思い、1年次から専門的な内容を学べる埼玉大学理学部を志望しました。

 数学科で学ぶことは本当に幅広く、代数学、解析学、幾何学のいずれも3年間かけて学んでもまだ基礎の基礎という段階です。しかし、真理追究への一歩として、その基礎の内容も美しく、論理を重視する数学の奥深さであると感じています。

 現在は、数学の魅力をいろいろな人、特に子どもたちに知ってもらいたいと思い、中学校教師を目指し勉強中です。

 埼玉大学は全学部が1キャンパスに入っているので、学部の枠を越えた出会いも多く、いろいろな知識を吸収し自分の世界を存分に広げられます。
基礎化学科
 高校生のときから化学が好きで、もっと化学について深く学びたいと思い、理学部基礎化学科に進学することを決めました。大学に入ってからは、それまでただ暗記していた化学反応の機構や現象の原理を学んでいます。

 また、実験技術の習得やデータ処理の仕方、レポートの書き方などの知識を深めることを目標に学生実験に取り組んでいます。

 大学に入って一番変わったと思うことは講義の受け方です。ただ受動的に教科書に書かれていることや教授が言っていることを鵜呑みにするのではなく、常に疑問を持って講義を聴くようになりました。そうすることで理解が深まるし、化学をさらに好きになることができると思います。

 どの分野に進むかはまだ決めきれていませんが、将来は化学に関わる仕事をしたい、という考えははっきりしています。