モバっちょ


平成29年度大学卒業者の就職状況について〜過去最高更新の就職率98.9%〜
1 就職率
 北九州市立大学における「平成29年度学部卒業生の就職率(就職希望者に占める就職者の割合)」は、前年度より0.1ポイント高い98.9%となり、平成元年度の調査開始以降、4年連続で過去最高を更新した
(調査時期における就職(内定)率の推移:下記URL資料のとおり)

 これは、全国平均の98.0%に比べ0.9ポイント、九州地区平均の97.5%に比べ1.4ポイント上回っている。

 学部別の就職率では、地域創生学群(卒業生輩出以来6年連続)、国際環境工学部(2年連続)及び文学部が100%を達成した。

 今回の就職率上昇は、
(1)景気回復による企業の採用増
(2)10月以降の未内定者に対して、職員による学部担当制や学生相談室との連携により、個別にきめ細かい就職支援を図ったこと
(3)キャリアカウンセラーによる電話調査を実施。卒業後就職活動予定の学生に対し、希望者には、在学中の就職活動の紹介をしたこと
(4)インターンシップ強化によるキャリア教育の充実を図ったこと
【平成27年度】
参加学生数:513
企業数:203

【平成28年度】
参加学生数:561
企業数:234

注)平成29年度卒業生は、平成28年度(3年生時)のインターンシップに参加

等によるものと考えている。

2 北九州市内への就職状況
 北九州市内への就職率向上に取り組んだ結果、北九州市内就職率は21.4%(対前年度+2ポイント)となり、北九州市内への就職者数は、233名(対前年度+30名)と2年連続過去最高を更新した

 今回の市内就職率向上は、
(1)市内企業就職専用相談を行ったこと
(2)COC+事業で地元就職推進の取り組みを行ったこと
(3)アンケートで市内就職希望者を早期に把握し、個別に対応したこと
(4)北九州市奨学金返還支援事業認定企業に37名が就職し、本事業が市内企業就職促進に効果があったと思われること

等によるものと考えている。
詳細は下記URLよりご覧ください。
http://www.kitakyu-u.ac.jp/news/detail/2045.html (外部サイトへ移動します)