モバっちょ


理工学研究科学生と工学部学生が電気学会東京⽀部第9回学⽣研究発表会で優秀発表賞を受賞
 理⼯学研究科電気電⼦⼯学専攻博⼠前期課程1年の相川慧⼈さんと⼯学部電気電⼦⼯学科4年の佐々⽊優介さんが、8⽉31⽇(⾦)に東京電機⼤学で開催された平成30年度電気学会東京⽀部第9回学⽣研究発表会において、優秀発表賞を受賞しました。

 相川さんは、「湾曲太陽電池パネルへの応⽤に適したフレキシブル補償器の開発」の題⽬で⼝頭発表を⾏い、湾曲太陽電池パネルの発電量を向上させる補償器において⼤型部品をフレキシブル化することで形状⾃由度を⾶躍的に⾼めることが可能な新概念の電⼒変換器の提案し、その有⽤性を実験により⽰しました。

 佐々⽊さんは、「PHEV⽤湾曲太陽電池パネルの発電量を向上させる補償器と昇圧型PWMコンバータを⼀体化した統合型コンバータの開発」の題⽬で⼝頭発表を⾏い、プラグインハイブリッド⾃動⾞(PHEV)における湾曲太陽電池パネルの発電量を向上させつつ出⼒電圧の昇圧が可能な新⽅式の電⼒変換器の提案と解析結果についての報告を⾏いました。

 両名とも、研究内容の独創性と発表の完成度が高く評価され、このたびの受賞に⾄りました。

コメント等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.ibaraki.ac.jp/news/2018/09/101406.html (外部サイトへ移動します)