モバっちょ


外国人留学生と国内学生が制作した七夕飾りが銅賞を受賞
 2017年8月6日から開催されている仙台七夕まつりの七夕飾り付け審査において、外国人留学生と国内学生が作成した七夕飾りが銅賞を受賞しました。

 七夕飾りを制作したのは、国際共修授業「Understanding Japan through Miyagi's traditional culture -宮城の伝統文化を通じた日本理解(仙台七夕まつり)-」を受講した39名の学生。"Connect Japan and the World"をテーマに、学生達がデザインから制作まで手がけました。国際色豊かな東北大学をイメージし、地球儀や国旗の飾り付けを作成。また、今年の仙台七夕まつりは伊達政宗生誕450年記念行事として位置づけられていることから、中央に伊達政宗のデザインも飾り付けに取り入れました。

 学生が制作した七夕飾りは、仙台七夕まつり期間(2017年8月6日〜8日)は藤崎百貨店一番町館の前に飾られ、8月末まで東北大学附属図書館にも飾られます。

協力:
鳴海屋紙商事株式会社、株式会社藤崎

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/08/news20170808-01.html (外部サイトへ移動します)
問い合わせ先:
東北大学高度教養教育・学生支援機構
グローバルラーニングセンター
担当:特任准教授 坂本友香
Email:yuka.sakamoto.a3*tohoku.ac.jp
(*@に置き換えてください)