モバっちょ


 歯学部
【カリキュラムポリシー(教育実施方針)】
 歯学部は、医療人、研究者としての基本的素養、すなわち豊かな教養と人間性、高い倫理観を備え、「科学する心」を持って知的探求を行い得る高度専門職業人としての歯科医師、教育研究者を育成養成することを目標とし、基礎歯学と臨床歯学の統合を希求する「臨学一体」を基本理念とする。歯学部では、これらの目標、理念に基づき、以下の方針でカリキュラムを実施している。

1.入学直後の1年次には、歯学を勉学する意欲の動機付け(early motivation)と歯科医療現場の早期体験(early exposure)を支援する。

2.豊かな教養と人間性、高い倫理観を涵養するため、全学教育科目と専門教育科目間の有機的な連携を重視する。

3.専門教育科目では、「臨学一体」を基盤とするカリキュラムを通して、科目間の有機的な連携を重視する。

4.「臨床実習」に先立って、基礎系の研究分野で実施する、英文論文抄読から研究立案、実施、発表に至る一連の研究過程を経験する「歯学基礎演習・基礎研究実習」を通して「科学する心」を育む。

5.5、6年次では、「一口腔一単位」、「全人的歯科医療」を基盤とする診療参加型の「臨床実習」を通して、次代を担いうる高度専門職業人を育成する。