モバっちょ


法学部
【東北大学法学部で学ぶ】
 東北大学法学部では、法学・政治学に関する正確な基礎知識を身につけ、鋭い正義感覚と幅広い視野から社会に伏在する諸問題を発見・分析し、その解決に努めることをもって、良き社会の実現に貢献する人材、すなわち「法政ジェネラリスト」の養成を教育目的としています。これは、2004年4月に大学院法学研究科に開設した法科大学院(ロースクール)や公共政策大学院に進学して「法政スペシャリスト」となることを目指す人にとっても必要となる、広い視野と基礎的素養を涵養することを意味しています。

 本学部では、以上のような趣旨から、2004年度以降、以下のように学部のカリキュラムを再編成しました。第一に、学部開講の授業科目を、内容に即して「基礎講義」・「基幹講義」・「展開講義」の3つのカテゴリーに大別し、段階的に配置することで、法学・政治学の基礎的な内容を無理なく体系的に修得できるような体制を整えました。第二に、これらと併行して、1年次から4年次まで、学部4年間の全般にわたって、少人数で開かれる演習の履修を可能にし、従来から本学部の特色であった少人数教育をさらに充実しました。
1.学部の1・2年次では、全学教育と連携しながら幅広い教養と視野を備えた人間の養成を図ることに教育の主眼がおかれますが、法学部ではさらに1・2年次生を対象に、法や政治の歴史的・思想的・社会的背景を学ぶことを目的とした「基礎講義」を開講しています。

2.ついで1年次後半から、主に2・3年次にかけては、上記の「基礎講義」の履修を前提として、法学・政治学の根幹をなす主要科目を「基幹講義」として開講しています。

3.さらに3・4年次には、法学・政治学についてより深い理解とさらに豊かな知見を修得することを目的とする「展開講義」を開講しています。

4.以上と併行して、本学部では学部4年間の全体を通して、「基礎」・「基幹」・「展開」の各講義をフォローアップする「演習」を多数開設しています。