モバっちょ


工学部
【教育目的】
 工学部は、東北大学の伝統である「研究第一主義」・「門戸開放」・「実学尊重」を理念として掲げている。「研究第一主義」とは、真理の探究に向けて日夜研鑚する研究者の姿を平生から目のあたりにし、研究者とともに学生自らが努力を積み重ねることによって、学生も大きく成長できるという考え方である。また、「門戸開放」とは、多様な文化を持った人々を受け入れること、狭い専門分野にとらわれず広い視野を持つことを重視するという考え方であり、「実学尊重」とは、革新的な技術や新しい学問分野を開拓・展開することにより、安全安心で持続可能な社会の実現に貢献するという考え方である。

 国際社会の一員として異なる文化を理解し、互いに尊重し、新しい学問分野や革新的な技術の開拓に向け日々研究に真摯に取り組むことが重要であり、それにより自らも大きく成長することが出来る。

 工学部ではこの理念のもと、自然・人間・社会についての深い知識と、国際社会の一員としての広い視野を持ち、互いに尊重し合い、自ら考え行動する、創造性豊かな人材を育成すること、そして、世界を先導する研究者あるいは技術者としての基礎を身につけ、我が国ひいては世界の文明と産業を牽引し、人類の持続的発展に貢献することができる人材を育成することを教育目的とする。

 この目的を実現するため、具体的には以下の知識と能力の涵養を教育目標とする。
1.自然現象や人間社会に関する幅広い教養や基礎知識を身につける。

2.工学共通の基礎知識と各専門分野に関する基盤知識を身につける。

3.上記の知識を基礎として、社会の課題を工学的に解決するため、下記の能力を身につける。
a.課題を正確に理解する能力
b.課題に関連する情報や資料を収集し、要点を整理・把握する能力
c.課題解決のための実施計画を立案する能力
d.計画遂行のために必要な情報機器や科学機器を操作する能力
e.得られた結果を整理・分析し、論理的に記述し、結果に対し的確に対応する能力
f.課題の内容や結果を明確に発表する能力
g.発表内容に関する討論を行うためのコミュニケーション能力
h.他者と共同で課題に取り組むためのチームワーク能力
i.国際的な場で通用する基礎的な外国語能力

4.国際社会の一員として、異なる文化を理解し、尊重する能力を身につける。

5.研究者あるいは技術者として、工学と自然現象や人間社会との関わりを理解し、人類と社会に貢献する気概をもち、自発的に学習し、自ら考え行動する能力を身につける。