モバっちょ


第8回 人体・病理ミュージアム(医学研究院:病理学管理施設)一般公開<終了>
 人体・病理ミュージアムを一般公開します。

 九州大学医学部病理学教室は明治37年に発足し、歴史的遺産ともいうべき人体肉眼標本(約1300点)を保管しています。その中から、医学的に重要かつ希少性の高い標本をセレクトし、最近の興味深い標本を追加して系統的に約160点展示いたしました。

 その他、紙製人体模型キュンストレーキや病変部蝋模型ムラージュ等の医学史遺産も展示しています。

 また、九州大学病院および病理学教室史の写真や、心臓刺激伝導系で有名な田原淳名誉教授論文パネルを掲示して歴史や業績をわかりやすく紹介すると同時に、九州大学病院病理部の業務内容を自作ビデオにて放映致します。

 このように 過去を振り返り-― 現在を見つめ-―未来への医療…

 まずは、人体・病理ミュージアムで見学体験してみませんか?

■対象
一般向け、高校生向け、在学生・教職員向け

■開催日時
2017.11.10(金)10:00〜2017.11.10(金)15:00

■開催場所
病院キャンパス

■会場名
九州大学 病院キャンパス 医学部・基礎研究A棟

■会場の住所
福岡市東区馬出3丁目1-1

■定員
先着 40名
午前の部:20名 午後の部:20名

■参加費
無料

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/events/view/367 (外部サイトへ移動します)