モバっちょ


芸術工学部
◆芸術工学
 芸術と工学を設計という創造的なプロセスにおいて融合した我が国トップレベルの拠点として,「感性研究」,「しくみ設計」,「イノベーション創出」の強みと特色を活用し,産業界,学協会,地域自治体等において,デザインに関する学術的な協力について主導的役割を果たしています。前身の九州芸術工科大学においても,「技術の人間化」という進歩的な理念をかかげ,いかに技術を人間生活に適合させるかを研究・教育してきました。今日のIT技術の進歩やそれがもたらす新しい文化の形成,生産や流通の革新,生活様式の多様化,地球規模での環境破壊などに伴って生じる問題を解決するためには,「技術の人間化」に基づく「感性研究」,「しくみ設計」,「イノベーション創出」の必要性がますます重要になっています。

◆諸分野の統合と実践的・創造的学習
 人文科学,社会科学,芸術学,工学・技術に関する諸分野を関連づけながら,高次のデザインにかかわる目標に向けて教育を行います。諸分野の知識や技能を自分の中で総合し,自分から新しい工夫を生み出し,また,企画し提案する能力を伸ばせるように,実際に設計したり創作する機会を多く提供し,実践的で創造的な学習を行います。さらに,アジアや欧米のデザイン系や工学系の多くの大学と交換留学を実施し国際的な学習環境を整備し,豊かな教養と国際的にも通用する広い視野と同時に専門的な学識を持った創造性に溢れた人材を育成します。