モバっちょ


医学部薬理学講座 清水孝洋准教授が第24回日本排尿機能学会学会賞(論文部門)を受賞しました
 医学部薬理学講座 清水孝洋准教授が、2016年に発表した論文「A Stress-related Peptide Bombesin Centrally Induces Frequent Urination through Brain Bombesin Receptor Types 1 and 2 in the Rat(ストレス関連ペプチドのボンベシンは脳内1型および2型のボンベシン受容体を介して中枢性に頻尿を誘発する)」にて、第24回日本排尿機能学会学会賞(論文部門)を受賞しました。

 平成29年9月29日に開催された第24回日本排尿機能学会・会員懇親会にて授賞式が挙行され、日本排尿機能学会横山理事長から賞状が授与されました。
高知大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る