モバっちょ


第17回レスキューロボットコンテストでベストテレオペレーション賞 徳島大学創新教育センター ロボコンプロジェクト
 平成29年8月11日12日に神戸サンボホールで開催された「第17回レスキューロボットコンテスト」競技会本選で,徳島大学創新教育センターで活動するロボコンプロジェクト「チームとくふぁい!」が優れたレスキュー活動に贈られるベストテレオペレーション賞を受賞しました。

 現在,ロボコンプロジェクトには,徳島大学の工学部と理工学部の学生を中心に36名が所属しています。「第17回レスキューロボットコンテスト」競技会本選では,神戸予選と東京予選で選抜された14チーム(大阪工業大学,広島大学,神戸高専など)と競いました。競技ポイントは総合第2位の成績で,オペレーション技術が高く評価されました。

レスキューロボットコンテストとは
 阪神大震災をきっかけにレスキューシステムをより充実したものにするため,2000年から開催されるようになったコンテストです。競技内容は実際の災害現場の1/6のフィールドを用いてダミヤンと呼ばれる人型の人形を自分たちの製作した遠隔操作ロボットで救助するというものです。フィールドには様々な障害物が設置してありこれを安全かつ迅速にクリアできるかが救助の鍵となります。

-問い合わせ先-
ロボコンプロジェクト 広報担当 中川
徳島大学創新教育センター 金井
TEL:088-656-8235
FAX:088-656-8236
E-mail:innovaoffice@tokushima-u.ac.jp